初心者が株で稼ぐ

初心者が株で稼ぐためのポイントを赤裸々に説明!

*

各種指標を見て相場の底を探る

   

下げ相場はどこで下げ止まるか?

2016年は年初からリーマン・ショック時を超えると言われるほどの下げ幅で株価が下がりました。こういった状況の場合、どこで下落が止まるのか知りたくなります。

この記事では、各種指標を利用して、過去の下げ相場ではどの位置で株価が下げ止まったのかを見ていきます。

騰落レシオ

騰落レシオは、上場企業の上がった株の数と下がった株の数の比率です。一般的に過去25営業日のデータを使用した25日レシオを使うことが多いです。こちらのサイトで確認するのがおすすめです。過去の時系列データを見るには、こちらのサイトが便利です。

一般的に騰落レシオは70台で下がりすぎ、買い推奨となるわけですが、きつい下げ相場の場合はもっと小さい数字をつけます。

2006年以降の低い騰落レシオとその日にち

2006/6/13 54.31
2007/8/17 56.62
2008/1/22 52.75
2008/10/10 54.43
2009/11/27 57.68
2012/6/4 59.33
2016/1/21 53.82
2016/2/12 57.74

上記データを見ると、本当にきつい下げでは、騰落レシオは50台まで下がることがわかります。逆にいうと、騰落レシオで見る限り、50台まで下がると底が近いといえそうです。

Sponsored Link

信用評価損益率

信用評価損益率とは、信用取引のポジションの含み損益率です。マイナスが大きいほど、投資家の信用ポジションの含み損が大きくなっています。

信用評価損益率はこちらのサイトで確認できます。

2006年以降の低い信用評価損益率とその日にち

2007/8/17 -21.49
2008/3/14 -24.32
2008/10/24 -39.65
2008/12/5 -37.51
2009/2/20 -27.93
2009/11/27 -22.17
2011/10/7 -21.08
2012/6/1 -21.63
2016/2/12 -25.76

これを見ると、リーマンショックがいかに厳しい下げだったかがわかります。信用評価損益率で見た場合、当面の底は-20%程度で訪れることが多いようです。ただし、リーマンショック級の下げでは、-30台をつけたこともありました。

裁定買い残

裁定買い残とは、現物買いと先物売りのポジションの残高です。裁定買い残の現物買いポジションは、裁定ポジションが解消された時に売られますので、下げ相場では裁定買い残は小さくなります。

こちらのサイトで過去の裁定買い残の推移を見ることができます。

過去の数値を見ていただけるとわかるように、裁定買い残はその時々で水準に違いがあります。なので、絶対値でいくつぐらいになったら、底入れが近いと分析するのは難しいです。

直近のデータに限って数値を示すと、2015年の夏の下げと、2016年1-2月の下げの時の裁定買い残を見る限り、裁定買い残が2兆円以下になると相場の底が近いようです。

日経平均ボラティリティ・インデックス

日経平均ボラティリティ・インデックス(以下、日経VI)とは、日経平均が今後どれくらい激しく動くのかを予想した数値です。一般的に下げ相場になると、高くなります。

日経VIのデータはこちらにあります。

過去のデータを見る限り、一般的には日経VIが40程度になると下げ止まっています。しかし、リーマンショック時は90台、東日本大震災時は60台を記録しました。

 - 中級者向け戦略

ad

  関連記事

わに
GC注記のある株は回復軌道に乗ってから買ってみよう

GC注記とは何か? ここでのGCとはGoing Concernの略です。Goin …

lightning
時価総額が上場廃止基準を割り込んでいる銘柄に投資する

このブログは「初心者が株で稼ぐ」ですが、この記事は中級者以上向けです。 上場廃止 …

horsetail
自社株買いをどのように評価するか、6つのポイント

株主還元の一環として、企業の自社株買いが増えてきています。株主還元には、配当を払 …

傘
小型株を仕込んで仕手筋が来るのを待つ

時価総額が小さい銘柄は吹きやすい あたりまえといえばあたりまえですが、時価総額の …

低迷
万年割安株を避けよう

指標は割安なのにいつまでも上がらない株がある 株式投資の基本は、割安な銘柄を買っ …

経済危機
経済危機に対処するには定性的な分析が必要

定期的に襲ってくる経済危機にどう対処するか? 株式投資をやっていると、定期的に「 …

rio
買収の開示を読んで企業の変化を読み取ろう

買収は企業業績が大きく変化するチャンス 株価が大きく動くのは、企業価値が大きく変 …

株式市場暴落
株式市場全体が暴落している時にどう対応するか?

株式市場は、定期的に市場全体が暴落を起こしています。株式投資のパフォーマンスは、 …